紀伊の音

ADHDクリエイター紀伊原ひろの器用貧乏なブログ

4年前に死にきれずに始めた創作活動の振り返り⑧ 価値観が揺らいだ2020年

Part

 

2019-2020年はコロナ以外でもトランプ、イギリスのEU離脱、グレタ・トゥーンベリ、Black Lives Matterなど、「新しい時代」を思わせるような話題が多かった。

 

前回に書いた通り、こういう時代の狭間とか、人類の危機とか、新しいものごとに対して興奮し「自分も何かせねば」とソワソワしてしまうADHDのオレにとって、これらの一連の出来事はなかなか刺激的であった。(2021年以降はもう世の中のことなんてどうでもよくなってしまうのだが)

 

オレは物事と物事を組み合わせて新しい価値観や概念やシステムを考えるのが好きで得意だ。(アイデアだけで行動力も度胸もないが)

また、臆病であるがゆえに争いを嫌い、(日頃の行いを棚に上げて)世界平和を求めてやまなかった。

 

そんなオレは、トゥーンベリ問題とBlack Lives Matterをミックスし、対立している白人と黒人双方の目を温暖化問題に向けさせ、人間同士で争っている場合じゃないと訴える為に以下の動画を作った。

内容褐色のクマが異常気象による記録的な豪雨(20207月に実際に日本であった)と海面上昇に飲まれてしまうが一命を取り留め、そのまま北極まで泳いでるうちに体に雪が積もって白クマになり、流氷に上がったが休む間もなく温暖化によって氷が溶けて足場を失ってしまう。

 

 

オリジナルの動画ではクマが溺れるシーンで"I can't breathe!!"というセリフを付けたが、さすがに不謹慎で稚拙だなと思い削除した。(その後チャンネル自体も削除したが、2023年の1月にこのブログのYouTube版をやろうと思ってチャンネルを開設し再投稿した。)

 

前回に挙げたコロナTシャツにせよこの動画にせよ、38歳になるというのにまともに社会人をしたことの無いオレは幼稚な所が抜けず、前述の通り叱られたりフォロワーを失うなどして、自分の行動や言動、物事の考え方を見直す必要にせまられ、信念が揺らぎ、心は地に足付かず、頭がクラクラしてしまうということがよくあった年であった。(それ以前も以降もたびたび起こることだが2020年は特に多かった)

 

子供の自分と大人の自分、常識人以上に常識的すぎる自分と常識をぶち壊したい自分が対立し合い、毎度のことながら自己同一性の混乱に悩み、フラフラしていた。

 

普通のことが普通に出来ない発達障害のオレは家庭や学校で普通であることを強要され、不向きなことをさせられて精神が病んだり自尊心の低い自虐的な人間になってしまった。もっと得意なことだけやれる環境があったら良かったが、平均主義で平均点を伸ばそうとする日本の教育体制では無理だし、ギフテッド教育なんてのも同調圧力の強い日本では流行らないだろう。なんて考えていたオレはロックダウンとステイホームに便乗し、「学校なんていらない。自宅で勉強しよう」っていうステッカー、Tシャツを5月に作成した。実際には学校的な機関は必要だが教育システムを大幅に改革する必要があると思っている。

ZazzleREDBUBBLE で販売中の「Study at Home」Tシャツ

 

他にも資本主義社会の末路のような、くだらない広告まみれの今の世界をネタにした、ゲーム動画風のアニメーションを6月に制作した。性格的に自由競争の資本主義社会に向かず、働きたくもない生活保護受給者のオレはポスト資本主義とかベーシックインカムに関心を持ち続けている。働き方改革とは言うが、そもそも働きたくなかったりする。

 

 

以上のように、2020年前半は社会問題や世の中のシステム、自分の価値観や哲学について考えを巡らすことが多く、そういう系の本もけっこう読んでいた。

 

つづく

 

マッチングサイトで男性だけ有料なのは妥当なんだろうか


 マッチング系のサイトは男子生徒だけ有料なところが多いが、これは美しい光景なのだろうか

 

確かに男子生徒の多くはチンパンジーのようにはぁはぁと興奮して女にイタズラ、冷やかし、モラハラ、セクハラメールを送るのが世の常であり、オレも昔はよくタメ語を使って馴れ馴れしく冷やかしたりセクハラをしていたものだ。(それでいながらお人好しすぎてクソ女に対して気を使い過ぎてしまっていた)

 

発情期の鳩を見ていると、必死に身体をデカく見せながらメスの尻を追いかけて「チョットマッテクレヨー」という鳴きながら興奮していて、メスは必死で逃げまどっている。

 

そんな鳩共を見たり、発情時代のオレを思い起こすと男性が多く払うのはご理解いただける。だが腹黒くて"したたか"な女たちだけ完全に無料とはこれいかに!?という疑問がはびこっている。

 

モラハラチンパンジーが有料化されることは構わないが、ちゃんと敬語を使って紳士なメールを送るよう心がけている、少なくとも人の皮を被ったチンパンジーはどうだろうか。

 

オレたち紳士服を着こなしたパンジーは苦労してるし、努力している。なるべく女の機嫌を損ねないように細心の注意を払い、馴れ馴れしすぎず、定型分のようによそよそしすぎないように気を使いながら頑張っている。世ックスをして、子孫を残すために日々歯を磨き続けている。

 

そんな毛むくじゃらな紳士に対してメールを送る時くらいは有料女になってもよかろうではなかろうか。

 

もしくば、メスが気に入った男爵に対して好感ポインツや割引きチケッツみたいなのを分け与え、それを利用して安くメーリング出来るようなシステムにするとかしてもらわないと割に合わない。

 

主な目的キングダムが正しい行い、つまりは正的な行為だとしても、少なくともオレたち紳士服を着た極楽鳥たちはマナーを守ってがんばっている。

 

それだのに何の気づかいもなくたったの一言返事で返してくるクソ女が多い。

 

ブスで自尊心低かったりする女にはポイントを気にしてくれたり最低限の気を使ってくれるまともな人もいる。

 

20代前半くらいの、一見いきがってるような女の子の中にもけっこう軽いノリで向こうから「LINEあるー?」みたいに言ってきたりして思わず抱きしめてあげたくなってしまうし、いつも線目ロエでばかり眺めてごめんね、と謝罪したくなることもほんの少しだけある。

 

逆に一見清楚そうな女にクズな女が多い。一見清楚でか弱そうに見えて非常に腹黒く、したたかで、そしてそういう女に限っていきがってる感じの悪そうな男と付き合って男と居る時だけやたらといきがっている。そういうクソ女はぶん殴っちゃって構わない。

 

そしてそういうタイプはP活女(パパ活=性的なことはせず、一緒にご飯食べるとか軽いデートするだけで1万くらいの小遣いを貰おうとするクソ女)が多い。

 

飯食ったり飲み行くだけで1万ってのは世の中舐めすぎでしょう。自分で作曲してアレンジも歌もリズム付けも演奏も全部やってオリジナル曲を配信しても稼げるどころか広告費の出費で赤字続きのオレとしてはP活クソ女に殴る蹴るの暴行を加えてやりたい。

 

ああいう世の中舐めきった女は痛い目に遭わなくてはいけないし、サイトも有料にすべきだ。

 

時にはブスやクソババアから援助を求められることがあるが、タダでもヤりたくないし、むしろ金取りたいくらいなんだがっていうことがあってクソ女の図太さに驚かされる。あんな図太い神経持ってたら生きるのも楽だろうな

 

結局のところ、ああいう欲望や人間の負のエネルギーに満ち溢れたサイトを利用する時点で男も女もクズなわけで、女も有料にすべきなのでしょう。

 

女には女の苦労があるし、男には男の苦労がある。道で色っぽい格好をした女を見ても襲い掛からずに我慢して紳士ぶらなくてはいけないわけで、男も無料にすべきなのでしょう。

 

全員無料にしたら採算が取れないとはよく言ったものだが、採算なんて取れなくていいし、出会い系サイトの社員なんて全員生まれてくる必要すらないし死んでくれても構わない。スタッフも利用者も全員死ぬべきなんだろうし、最初から生まれてこなくてよかった。

 

はなてログブでは出会い系サイトの宣伝が禁じられているが、この記事は出会い系サイトはゴミだから利用しないほうがいいという内容の記事なので削除しないようお願い申し上げます。

Macの使い易さなんて病気になったら何の役にも立たないしくそどーでも

 

昔からMac vs Windows論争みたいな、自分を持たない人間同士のどーでもいい争いがあってオレも自分を見失っていた時代はそういうくだらないことを考えていたがよくよく考えたら病気とか障害の不便さ、辛さ、不自由さからしたらタッチパッドの精度がどうとかそんなもんくそどーでも良くなってしまった

 

 

オレももう40だし、死を本格的に意識しまくってるからそんなもんほんとどーでもいいんだよなあ

 

そんなくだらないこと考えてる時間でもっと有意義なことしてればよかったよ

 

特にMacユーザーに多そうだけど、自分の気持ち悪りー性格を棚に上げて完璧主義とか他人に理想を押し付ける奴とか、理想ばかり高くて行動が伴わない哲学者(残念ながらオレもそういうとこあってきめぇんだよなー)みたいな奴はパソコンのちょっとした違いをいちいち粗探ししなくていいからよ、まずてめぇの気持ち悪るくて日本人っぽい嫌味くさくて陰湿な性格直せよって話で、ムカつくんだよなー

 

というわけでパソコンを買うときは金があってWindowsが必須項目じゃなければ軽い気持ちでMacBookでも買っとけばいいし、Macを買うヒマがなければテキトーなジャンク品でも買っとけばいいし、価格コムなんていちいち見なくていい。どーせ今の世の中どいつもこいつも頭おかしくなってるしどーでもいい、もういっそ全員死んだらいい、みたいなテキトーな感じ

変わり者は「ガリレオ!」と唱えて自信を持つべし

普通じゃない人間は少数派であるがゆえにイジメにあったり規律に従えずに怒られたりして自尊心が低下しがち

 

せっかく生まれ持った独創性や才能も圧倒的に多数な普通の人間や天才だと思い込んでるただの秀才タイプの人間に潰されやすい

 

才能豊かな人間の中には自虐的で破滅的な人物も多い

 

アルコールや麻薬に溺れたりうつ病になったり自傷や自殺をしたりしてしまう

 

オレ自身いろいろと才能はあったし今もあるが、世界屈指の世間体国家で同調圧力の激しい日本の風潮とか、必要以上に普通や規律を強要する秀才・管理職タイプの親に潰されてしまった

 

秀才タイプが嫌いだったり苦手な天才・ギフテッド・ADHDは多いだろう(皮肉なことに規律重視の秀才の中には同じ発達障害であるアスペルガーが多そう)

 

どうしても普通のこと(時間を守る、定型文的な受け答え、その他諸々)が普通に出来ず、コンビニのレジの仕事すらテンパってまともに出来ないオレはすっかり性格が歪んでしまい、心の中に厭世(えんせい)的な世界観を持つタナトス氏の人格が形成されるハメになってしまった(正確にはエロス氏とタナトス氏が共存して常に葛藤してる感じ)

 

いろいろと自分をダメにするような行為に及んできたが、最近オレはふと「ひょっとしてオレってすごいもったいない人物なんじゃないか?いろいろ能力あるのにそんなに自虐的になったり卑屈にならなくていいんじゃないか?」と思った

 

そして逆に普通の人間が何であんなに自分を大事に出来るのか、自信を持てるのか疑問に思った。普通の人間の中にも自虐的で自尊心が低い人間はいっぱいいるが、退屈な人間のくせに自分を無駄に大事にしてる人間も多い。自分と同じような人間がたくさんいる多数派だから自信を持てるんだろうか

 

例えばオレは作曲も演奏も歌もアレンジも全部自分でやってて、こういうのは出来ない人間からすれば凄いことなんだろうし、能力も作品も大事にすべきなんだろうけど、オレは完成した作品も大事にせず宣伝もろくにしないままどうでもよくなってしまい次の作品に取り掛かってしまう。まともに宣伝してないし「#歌ってみた」などの独創性皆無な他人の猿真似ハッシュタグも嫌で付けないから当然誰も聴かないのに「どうせオレなんて」みたいに自虐的になってしまう

 

逆に、普通の人間や秀才型の人間は他人が作った曲を教科書通り演奏して教科書通り「#弾いてみた」のハッシュタグを付けただけのごくありふれたギター動画なんかを大事にしてちゃんと教科書通りSNSで宣伝して稼いでいる。そういうのが不思議で仕方がなかった。何でもっと自虐的にならないんだろうって不思議に思うし、馬鹿じゃねぇのとさえ思う

 

他人の真似事しか出来ない人間が自分を大事にしてるのを見てるうちに、オレ達のような独創的な少数派な人間や変わり者はもっと自分を大事にしちゃっていいんだろうなって思うようになった

 

結局のところ、世界を変えたり世の中のシステムを作っていくのは少数派の変わり者

 

普通の人間や秀才型の人間は、変わり者が作ったルールに従い、変わり者が作ったルールを変わり者に押し付けている。なんとも皮肉で滑稽な話だ

 

普通じゃないがゆえに自尊心が低くて自虐的なオレは普通の多数派な人間や世間体に押し潰されそうになった時、「ガリレオ」という、呪文を唱えることにした

 

地動説を提唱していたガリレオは当時の普通の人間に迫害されていたが、その普通の人間も今から見ればただのマヌケだ

 

だから独創的な変わり者は普通の人間や常識に潰されそうになっても、たった一言「ガリレオ!」と唱えていればいい

 

ガリレオの他にも周囲の理解を得られなかった悲劇の天才はたくさんいるが「ガリレオ」の語感が好きだからこの呪文を習得した

 

好みに応じて「ガレリオ」「レオリガ」みたいにカスタマイズするのもいい

 

では頑張ってください

 

HUNTER×HUNTER 第334話

MacBook買う金が無いから迷わずThinkPadを買った

 

ワタシ、生活保護ね。ワタシ迷わないMacBook迷わない。お金なくワタシThikPadね。ワタシ自分の国好きちがうそしてThikPad好き。

——オレはもう10年近くiPhone, iPadのヘビーユーザーなのにMacを買ったことがない。パソコン自体もうほとんど必要無かったんだけどどうしてもパソコンがときどき必要になるからMacBookにするかWindowsにするか、最初からThinkPadを買うことが運命付けられてるのにあえて迷うフリをした。

論結から先に言うと、買う金があるならMacBookを買ったほうが気持ち良くパソコンと向き合うことが出来る(キーボードはThinkPadの方がいい)。 iPhoneユーザーならなおさら。Macは店でしか使ったことはないが、iPhone使ってればApple製品の良し悪しは分かる。

それでもオレはとにかく金が無いから中古でも高いMacは諦めざるを得なかった。iPhoneも高いが毎日使う物だし、音楽をやる以上はOSレベルで音楽制作向きに作られてて音楽系アプリも多いiOSは必須だった。音楽やってなかったらAndroidにしてたと思う。(iPhone 7でイヤホンジャック廃止になった時点でちょっと嫌になっていた)

金を稼ぐことよりも真理を追求したりこの世に作品や言葉を残すことに必死なオレは金が無さすぎるので中古品を買わざるを得なかった。iPhoneとiPadも中古で買った。

同じスペック、状態で比べるとWindowsよりもBookMacのほうが1〜2万くらい高かった。i7で16GBメモリ / 512のSSDくらいの結構なハイスペックでそこそこ綺麗な状態(目立たない傷、使用感がある程度)でもWindowsなら5万以下で買えるがBookMarkだと7万近くする。差額でApple Pencilが買えてしまう。

紆余曲折経ずにThinkPadを買ったオレはとにかく自分の過去の行いに言い訳をつけたいが為にThinkPadとWindowsの良いところを探す旅に出た。すると、Windowsは相変わらずフォントもいまいち綺麗じゃないし、見た目もダサくてやだなぁ、っていう感じだった。それでも元々Windowsには何も期待していなかったし使い慣れてるから別に良かった。

ほんとはMacBookがほしいのにWindowsを使い続ける理由は次の通り:

 

  1. MacBookを買う金が無い
  2. パソコン自体ほとんど使わないからiPhoneとの連携はクラウドで十分
  3. Windowsのショートカットキーも覚えちゃったし今さらMacの使い方覚えたくない

 

ThinkPadに関しては昔使ってて乳首(トラックポイント)と、トラックパッド上部にある3つのボタン(マウスの左中右ボタンに相当)が気に入ってたからWindowsパソコン買うならThinkPad一択だった。Surfaceもなかなか好評なようだが高いし音楽をやるからタブレットはiPad一択だった。

Windowsは使いやすくするためにあれこれ検索したり考えなくてはいけない。それがThinkPadという名前の由来なのだろう。もしもMac OSが載っていたら単にiPadという名前になっていただろう。

ThinkPadのトラックパッドはいつのまにか進化してて、ズームイン/アウトが出来たり、2本指(またはパッドの端を1本指)でスクロールしたり、3本指スワイプでデスクトップを表示させたりアプリを切り替えたり出来るようになっていて、今さらながらちょっと感動した。(実際には大喜びではしゃぎまくった) 

トラックポイントとトラックパッドは細かく設定することが出来て、なかなか快適に使うことは出来る。それでもMacBookと比べるとやっぱり誤タッチすることはあるけど、歳をとっていつかは死ななくてはいけないめんどくささや悲しみに比べるとどうでもよかった。

ThinkPad最高!みたいになったけどトータルで考えるとMacBookの方がいいし、そもそもパソコン自体できれば触りたくないオレとしてはiPadでデスクトップアプリが動かせるようになることを願うばかりだ。

何はともあれThinkPad買って特に後悔はないし、オシャレなiPhoneとオタク臭いThinkPadの組み合わせっていうのもアーティストでありながらオタクでもあるオレには合っているのかもしれない。

「てみた」を使うべきか、ブログ書くのをやめるべきか

俺は最近流行ってる「てみた」とかいう言葉が嫌いだ。

 

褒められたくて発言したり作品を公開したりしてるんだからわざとらしく謙遜したフリしてツッコミや批判を恐れて気持ち悪く「てみた」なんて使わなくていいんですわ。ムカつくし、イライラしてぶん殴りたくなっちゃうよね。

 

日本人のこういう本音を言わずにまどろっこしい言い方をしたり「みんなと一緒がいい」みたいなキモめな雰囲気ってうか風習が嫌い。気持ち悪いよね。敬語もなくしてほしいな。喋れないのに商品名とかで英語使うなら文化的にもアメリカ人みたいになって敬語も廃止したほうがいいんだよ。文部科学省の人は全員クビにして小学生を雇ったらいい。

 

まあ俺が発達障害ADHDの変わり者で普通じゃないからこういう流行り言葉を嫌う傾向にあるんだろうね。発達マシンガンズじゃない普通の人材には分からない感覚なんだろう。

 

俺がムカつきすぎるのは、音楽とかアートとか、独創性とか自己主張を売りにしたジャンルとかコンテストとかで「てみた」を使う奴ら。

 

全然自己主張とかしたりブログすら書かないような普通の人間は普通に「てみた」を使いながら普通に医療事務の仕事をして幸せそうな顔をしながら齢80にして亡くなったらいいんです。

 

ブログで発言するならやっぱり自分の言葉で言いたい事を言って粋がったり、調子に乗らないとマズい。

 

そもそも、世間体を気にしてみんなと同じ言葉で書いた記事なんて全然面白くないし、そんなの一人だけでいいよね。世界中でたった一人だけが気持ち悪く「てみた」とか言ってればいいんだよね。他の人物は他の言語を使って泣き叫んだらいい。

 

「てみた」を筆頭株主とした流行語大賞を使うならブログは書かなくていい。

 

noteのコンテストに「やってみた大賞」みたいなのがあったけど、コンテストって独創的な作品を募集するもののハズなのになんで「やってみた」とかそんなキモくてベタな言葉使わなきゃいけないんだ。ムカつくよね。

 

謙遜したフリをして「てみた」なんて使わずに、「がんばって書いたから褒めてくれ!!頼む!!褒めてくれなきゃ事件起こして自害してやる!!」くらいののんびり屋さんでいいんです。

 

まあでも20代半ばくらいまでのガキはネットに洗脳されて「てみた」を使っても仕方ないのかもしれない。独創的な変質者の俺ですら20代の頃は自分の言葉も使いつつ"w"も使ってたし、旧2ch用語みたいな言葉に洗脳されてたんでな。さすがにいい歳してネットに洗脳された言葉を使ってる人間は事件や事故に巻き込まれて死ぬべきなんでしょう。

 

この記事を読んで「あ、自分キモめだったな」って思った人は今から自分の言葉で中国人を罵ってね。がんばれ。

頭の中で考えるだけで行動が伴わないと統合失調症になってくる

 

おれは昔から頭の中だけで考えすぎたり、同じことを何度も考えたり、空想癖があった。

元々そういう内向的な気質なのもあるだろうし、逃げ場のない虐待的な状況で心を身体から分離(解離)させて、現実逃避して精神を守るために身に付けた癖でもある。

そんな性質の俺はほとんど頭の中だけで生きていて、行動とか言動になかなか移さないで生きてきた。せいぜいこうやってテキストで書き出すくらいで、あんまり口に出して発言しないし、人に意見を言ったり議論するのが苦手すぎるし、何かアイデアがあっても慎重すぎたり妄想ばっかりして行動にはなかなか移せない。リスクばっかり考えて億劫になったりもする。

こういう性質には一応、芸術的な創造性とか想像力、反復思考による深い洞察や多角的な物事の見方とか、そういう利点もあったりはするし、最近はそういう能力を活かそうと頑張ってはいるんだけど、年を重ねるごとに統合失調な感じになっていき、調子の悪いときはもう完全に統合失調症の状態で、脳の覚醒度が低下して、思考力も行動力も鈍くなって、タバコを何本も吸い続けながらボーっと取り留めのない妄想にふけってたりする。
うつ病とも被ってるけど(実際、うつも伴ってる)、そんなに重い鬱状態ってわけでもない時でも、頭ではいろいろやりたい事とかやらなきゃいけない事とか、やろうとはしてるんだけど、心も身体もついていかず、頭の中だけで"行動"しちゃってて、ほんとに行動したような気になってて、妄想のレベルにまで達しちゃってる。

よく頭の中で人と会話することがあって、人を笑わせたり談笑するシナリオを描いて、一人で笑ってたりする。話し相手も自分自身で演じて、一人二役になったりして、自分が誰なのかも分からなくなったりして、頭が狂ってる。こんな性質のおれは良くも悪くもやっぱりブログとか作曲とかの物書き業務が性に合ってるんだろう。他のことなんて出来ればしたくないし、妄想で十分だ。※恋愛とセックスは除く

読者の皆様も、行動伴わないとほんと統合失調症になっていくからお気をつけなさったほうがよかですよ。。といっても、生まれながらおれみたいな性質の人は否が応でも統合失調症になっていくものだし、そうでない人はこういう病気にもなかなかならないだろうから、こんな記事を書いてもあんまり意味ないかなーって思うんだけど、とりあえず頭の中だけではなくて実際に書き出したかったわけであります。

ふぅ…実際に無理矢理動いてみればまだどうにか動けてちゃんと論理的な文章も書けるものだわい、今のところは…。そのうち幻覚とか見えるようになっていきそうだ。そうなったらさすがに死ぬのが怖くてしぶとく生きてきたおれも自殺するのだろうか。それとも幻覚と自殺衝動と闘いながら生き続けた草間彌生さんのようにどうにか生き抜いていくのだろうか。精神病と寛解の状態を行ったり来たりしながら…
©Hiro Kinohara
著作権について  プライバシーポリシー