紀伊の音

ADHDクリエイター紀伊原ひろの器用貧乏なブログ

吾輩は日本人であり、また、むっつりスケベである

物心ついた時にはすでに吾輩はむっつりスケベになっていた

 

親が真面目系の理想押し付け過干渉タイプ(長男長女に多い)のむっつりスケベな毒親で、吾輩にもその病気が遺伝してしまったらしい

 

親に意見を押し付けられ、自分の意見を聞いてもらえなかったり否定的な粗探しコメントばかりされて(最近では"マウント取る"と言うらしい)きた吾輩は誰にも否定されない完璧な意見や哲学を求めるようになり、完璧主義のいわゆる意識高い系になっていた

 

意識の高い吾輩は禁欲的で性悪説的で理性的でなくてはならないという強迫観念を抱くようになった

 

アスペルガーな所がある吾輩は、宗教や学校でも「エロ=いかがわしい事」みたいに言われてるからそういうのを真に受けてしまった。アスペルガーには完璧主義者が多く、吾輩の親もまたアスペルガーのむっつりスケベであった

 

理想ばかり高いむっつりスケベな人格を育むのは家庭環境だけではなく、日本の社会とか日本人の気質そのものが粗探しばっかりの褒め下手で同調圧力が強く、ハグもキスもせず会話中にジェスチャーもせず、自分の意見をアニメキャラに代弁させるような性悪説的で気持ち悪めな雰囲気だから吾輩みたいな気持ち悪めなむっつりスケベや痴漢が量産される

 

海外にもむっつりスケベはたくさん存在するし、著名な文学者や哲学者、宗教家、音楽や画家なんかはほぼ全員むっつりスケベなんだけど、東アジアのむっつりスケベ指数は群を抜いている

 

日本にはAVなどのエロコンテンツで溢れていて、吾輩と同じように理想押し付け系の家庭環境で育ったむっつりスケベの変態が開き直ってAVに出演するパターンがよくあるが、それらエロコンテンツは全て性悪説的な環境に対する反動、いってみれば性悪説的な社会の一部であり、本来の純粋な意味でのエロスではなく、本当にエロい環境で育った人間はわざわざAVに出る必要がなかったりする

 

吾輩のむっつりスケベ病は死ぬまで治らないだろうし、日本社会がむっつりスケベなのも日本や日本人が滅亡するまで治らないだろう。そう考えると、日本人のむっつりスケベな気質が少子化を招いて日本を滅亡させるというのもなんとも皮肉な話である

©Hiro Kinohara
著作権について  プライバシーポリシー