紀伊の音

ADHDクリエイター紀伊原ひろの器用貧乏なブログ

はやく音楽を卒業したい

 

おれは丸みを帯びた曲線美のある音楽や女性が大好きなんだけど、その一方で憎悪の念も抱いていたりする。

女性の話は置いといて、作り手として音楽が嫌いになってくる要因は

・稼げない
・自称インフルエンサーの宣伝代行の勧誘(音楽とカネの問題)
・他人の曲を演奏するだけなのにフォロワーたくさんいる人たち(特に見た目がいい女性)を見てるともう音楽作るのが馬鹿らしくなってしまう
1曲完成させるのに思いのほか時間がかかる
・単純に音楽というものに飽きた
SNSでカッコつけてグラサンしてペルソナ作るのがめんどくさくて虚しい
SNSで宣伝目的でイイネし合うのがダルい。動画再生せずにイイネしてくる奴が多い(イイネ通知が連続で来るから分かる) 音楽どころか世界が嫌いになってくる
 
などが挙げられる。
 
とにかく努力に対する報酬が割に合わなすぎるよね。ものすごく努力して、1から曲作って、綺麗に録音して、編集して、想像以上に時間のかかるイコライジングやマスタリングをして、カッコいいアートワーク更にはPVまで作って、それでどれだけ稼げるんだって話で、大抵の場合はかなり馬鹿げた収入しかない。

楽曲提供とか、作曲家として仕事を受注するようなスタイルなら稼げるんだろうか。そういう方向性はまったく興味がないから詳しくない。おれはただ単に、子供を作る代わりに自分のオリジナル作品をこの世に残してさっさと死んで、永遠に生きることしか興味がないんだ。

少なくともフリーランスの仕事の案件はプログラミング系やデザイン系なんかと比べると圧倒的に少なかった覚えがある。音楽なんてもうあんまり需要ないんだな。曲なんてネット上にくさるほど溢れてるし、ループ素材も溢れてて、新しく1から作るのが馬鹿馬鹿しくなってくる。

音楽そのものを売るというより、他の稼げるコンテンツのオマケとして音楽を付けるスタイルなら稼げるだろう。音楽だけではダメ。まあハッキリ言ってエロがいちばん手っ取り早い。AKBやテイラー・スイフトもまずはエロがあって、体を売って、そのオマケとして音楽を付けてる。おれはセクシーな女性のギタープレイ動画を見る時、はっきり言ってカラダしか見てなくて、演奏や音楽には興味がない。映画やゲーム音楽の作曲にしても、メインコンテンツは映画やゲームのほう。

そして制作に時間がかかりすぎる。音楽制作の場合、明確なゴールが無く、それがおれにとっては苦痛すぎる。音作りをやり出すとやめどころが分からない。一旦OKだと思った後で「もうちょっと4khz辺り下げよっかな」とか細かい所が気になって気になってしょうがなくなってくる。ADHDのおれにはそんな作業をやり抜く才能なんてまったく無いんだ。

直感で衝動的に動いて飽きっぽいおれは、性格的に音楽制作そのものが合わなかったりする。完璧にやろうとするか、思いっきり手抜きするかのどっちかしか出来ない。作曲とミックス作業はもう全く別の職業とすら言える。作曲だけして、あとは全部プロデューサーやエンジニアやAIに丸投げしたい。

長期的なプロジェクトをこなすことはおれには不可能だということを悟った。音楽も絵もこういう記事書きも全部、直感的に衝動にまかせて一瞬で書き上げるスタイルがおれには合ってる。後でやろうとしてもすぐに飽きてどうでもよくなってしまう。

ただそれだと当然クオリティが下がるから収入なんて得られないし、かなりジレンマではある。やっぱり人と協力して分担作業すべきなんだろうけど、共同作業というものが大の苦手だ。かといって一人でなんでもやろうとしても時間も無いし、時間があっても性格的に絶対にひとつの作品を最後までやり通せない。作業の続きをやろうと頭では考えてても、心と体がついていかない。めんどくさくて眠くなる。不可能だ。

直感とクオリティのバランスを考えて、弾き語り系のYouTube動画なんかが一番向いてるのかもしれない。ベースやリズムパターンも、凝りすぎなければ2日で作り上げられる。その衝動期を過ぎちゃうともう飽きちゃうので、飽きる前に仕上げられるようなコンテンツをメインにやっていきたい。

Spotifyとかの楽曲配信は"音楽のみ"のコンテンツだから、音作りのクオリティの低さを誤魔化すことが出来ないから、本来ならやるべきではなかったのかもしれない。YouTube、インスタ、TikTok限定でやるべきだったんだろう。動画にすることで、音質などのクオリティの低さをカモフラージュ出来る。

そのインスタやらでフォロー/フォローバック作業をするのがこれまた苦痛すぎる時間。インスタを見てても、時々「おもしろいな」と思える人がちょっと居るだけで、9割以上はゴミ。くだらない演奏動画とか、ありふれた聴いたことあるような曲とか、もうほんとにゴミで、吐き気がする。音楽が嫌いになってくる。あとは失笑物の「ドン、ドン、ドン、ドン、ドドドドドドドド」のダサすぎるリズム。あれを使う奴は才能無いから死んだほうがいい。あとはハードロック系の時代遅れの、「昔は良かった」的な、今を生きてない、くだらなくてうんざりするギター動画。ほんとキモいし、よく飽きないよなってある意味感心するよ。なんか気持ち悪くチョーキングして自己陶酔してたり(きもいよ…)、ロン毛のロックミュージシャンみたいな時代錯誤の人たちとかはもう生理的に無理で気持ち悪すぎるよね。

昔はこういうのにもフォローバックしたりしてたけどもう「どうせ稼げないんならそんなに必死に営業活動しなくていいや」って思ってからはほんとにいいと思った動画にしかイイネしてない。そもそもお世辞フォローとかのビジネス的なことをするならもう音楽辞めて営業マンの仕事でいいやってなっちゃうよね。

そして投稿する度に寄ってくる、他人が作った音楽で一儲けしようと必死な、ゴミの臭いのする宣伝代行業者ども。金、金、金、音楽と金。人間の汚い部分を見せられてただただ不快だ。現実や自分の汚い部分を忘れるためとか、セラピーのために音楽を作ってるのに、資本主義に汚染されたブタ共を見てると、音楽を辞めようとすら思える。
こんな感じで、音楽が嫌いになりそうだから、あと1年くらいしたら音楽活動からは足を洗って、お気に入りの曲を聴くだけの人になろう思う。音楽自体は大好きなんだがね、それだけに大嫌いにもなり得る。
©Hiro Kinohara
著作権について  プライバシーポリシー